就職や転職、就職活動に役立つ情報をご紹介します。

2012/04123456789101112131415161718192021222324252627282930312012/06

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三年生になってからでは手遅れです!

遊んでばかりいて、三年生の就活時期になって“さ~てどうしましょう”とあわてても遅かりしです。
三年生の就活までいかにすごしたかで、すんなり就職できるかできないかおおよそ決まっているといっても過言ではありません。

だからといって一年生から就職のことを一生懸命考えなさいと言っている訳ではありません。

一年生のときは、大いに学び、大いに遊びましょう!
青春を謳歌し、大いに遊んで人間としての幅を広げることも大事なことです。
社会に出ると人とうまく付き合えるかというところが仕事をしていくうえで重要になります。
(でも過ぎないでください!ここではきちんと学業をしておきましょう。)

二年生になったら気持ちを少し切り替えて、自分を良く見つめなおすことや将来について考えるところから始め就活の準備に入っていくと良いでしょう。
大いに学び、大いに遊び、就職について考える!
(ここでもやはり学業が大事です。)
色々と新聞を読んだり、>就活本を読んだり、人の話を聞いたりして参考にすることをおすすめします。
特に新聞は読んでください。
(就活本はここではあまりマニュアル的なものではないほうが良いでしょうし、あくまでも参考にするということです。)
大事なことは、社会のことも少しずつ学び自分の個性をのばしていくということです。

さて三年生になるといよいよ本番のスタ-トです。
遅くとも夏休みくらいまでは自分の進路をしぼり、目標を立てて活動していきます。
ここからは企業の日程に合わせ、情報収集と行動をしていかなければいけません。
(ここでも学業はきちんとしておくことです。)
企業は優秀な人材をほしがっていますし、またそのような人材は必ずや採用するはずです。
三年生までに企業がほしがる有望な人材になっていれば採用されるでしょう。
実行してみてください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新聞について:

各社それぞれ特徴があり何処の新聞がベストということにはなりません。
お気に入りでとことんその新聞にこだわる人や色々な新聞を転々とする人等々色々あるかと思います。
一般的には、下記のような新聞が無難でしょう。
朝日新聞:支持率が高く始めて読む人には向いている新聞ではないでしょうか。
読売新聞:言わずと知れた読売、発行部数は最も多く平均的な新聞といえるでしょう。
毎日新聞:最も古い?新聞であり、特ダネ・スク-プに強いところがあります。
日本経済新聞:経済紙としてビジネスマン向け、社会人になった暁にはおすすめ。
他にも産経新聞等色々ありますが、最近ではやはりデジタル新聞をおすすめしたい。
スマ-トフォンやタブレット型端末の普及により、便利に何処でも新聞!たとえば【朝日新聞デジタル】はPC・iPad・スマートフォンで、本格ニュースを24時間配信していますので非常に便利です。
また、朝日新聞で専門性の高い価値ある情報を広く取り揃えた【Astand】で英語力を高める等もおすすめです。

就活本について:
就活を始めるにあたっては、就職活動についての本も読まれることをおすすめします。
まず二年生の時は、マニュアル本ではなく心構えについてや自己分析について書かれている本から入っていきましょう。
闇雲に就活に入るのではなく、自分の考えを持つことが大事です。

【ドラッカ-流就活塾】

 労働者側として、雇用側に対し労働力を提供し対価を得るスタ-トといえる就職活動をどのように勝ち抜いていくかと言うようなところに切り込んでいる。
【自己分析から始める就活の基本】

 自己分析がワ-クシ-トで簡単にできるなど、自分について考えるには良いかと思います。
【就職とは何か<まともな働き方>の条件】

 就活本というより、就職すると言うこと、働くと言うことに特に切り込んでいます。
 データを多用し、就職難についてや就職後についてどうなのかというところを解説。

スポンサーサイト
     ≪・企業の採用スケジュ-ル≫   ≪・就職活動のスケジュ-ル≫

                              3年生/夏休み利用(多い)
                              インタ-ンシップの参加
  
     3年生/12月                 3年生/12月
      【企業説明会(会社説明会)開始】    学校内のセミナ-参加
       (1月くらいに本格化)           就職支援サイトの説明会参加
                               【企業説明会の参加】
     3年生/1月くらい                【エントリ-シ-トの提出】
      【エントリ-シ-トの受付】         【面接】
       (2月くらいに本格化)                  ↓
                                 (繰り返しおこなう)
     3年生/2月くらい
      【選考開始】
    
     4年生/4月~
      【内定だしの始まり】

1、働く理由とは
まず、働く理由についてよく考えてみましょう。
自分はなぜ就職して働くのか、なぜ働かなければならないのか、人それぞれ考えや目的は異なると思いますがただ漠然とその年齢になり時期が来たので就職をしなければならない、親が健在でお金には困らないが世間体も悪いのでとりあえず就職をする、そんな方もいるかもしれません?がその程度の考えでいいのでしょうか、なんとなくではなくおおまかでもかまいませんので自分の考えを持ったほうが良いとは思いませんか。
よく考えてください、この先の自分の人生を、多分これから長い人生のほとんどを働くのですから、“好きな人ができて幸せな家庭を持ちたい”いや、“一生好きな仕事に人生をささげたい”こんなところからでいいのではないでしょうか?何か変わってきませんか?
お金のためなのか、出世のためなのか、家族のためなのか、やりがいのためなのか、社会のためなのか、・・・この辺を踏まえ自分の人生について考えればいいのではないでしょうか。
多分これについて正解はない?と思いますが、これにより目標、目的が見えると思います。

(基本、生き物というところで考えれば、生きるために“狩”をする(働く)、その上で知能を持った生き物として、やりがいや社会と接する等々がプラスされればいいのではないでしょうか?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。