就職や転職、就職活動に役立つ情報をご紹介します。

2017/101234567891011121314151617181920212223242526272829302017/12

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4、自分の生きる場所を考える
これまでで大まかな業種、職種について考えが絞り込まれてきたかと思います。
これからは少し自分が生きる場所、生活をするところについて考えましょう。
中には長男で家を継がなければならないという方もいようかと思います、そういう方は多分このテ-マが一番最初に考えなければならないことだと思いますので、その後に業種や職種の選定に入っていくことになります。
ここからはそういう方を除いて一応その辺はフリ-という方が対称になります。
手っ取り早く言ってしまえば、都会で働くか、地方で働くかということになるかと思いますが、ここはやはり将来どのようになるかは解らないと思いますが、基本的な部分の考えは持っておいたほうが良いかと思います。
都会は賃金は地方にくらべある程度高いでしょうが、その分物価も高く特に日本においては住宅の問題があります。
その分給料を稼げば何も問題はなく、便利さから言えば都会がいいということになるかもしれませんが、多分そのような方ばかりではないと思います。
また、家族を持った場合の自宅と会社の通勤時間、残業した場合の帰宅時間、満員通勤電車での通勤等も考慮しましょう。
また、地方については、逆に賃金の問題や、公共施設の不十分さによる不便さ、自然との葛藤等都会とは逆の問題が色々あります。
ですから、良い悪いではなく自分にあった場所を基本的には考えておきたいところです。
まあ、昔とは違いますし、すめば都とも言います、人間何処に住んでも同じとも言います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://thunderbird08050623.blog.fc2.com/tb.php/5-18d7f88f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。